1. 必要とされるデザイナーになろう
  2. 必要とされる技術

必要とされるデザイナーになろう

必要とされる技術

デザイナーは、現在さまざまな分野で需要が高まっている職種です。
だからこそ募集は多く、売り手市場だと言うことができるのですが、だからこそ、注意を払って応募することをお勧めします。

なぜなら、仕事が多いからこそ、この機会に自らの利益を増やそうと考えて、不当な賃金でデザインをさせようとする悪辣な企業も増えているからです。
特に、これを機にデザイナーとして働いてみようと考え応募してきた初心者などは、実績がないことを理由に足元を見られがちなので、仕事先を選ぶ際にはより注意をした方がいいでしょう。

「渡る世間に鬼はなし」という言葉があるように、こうした悪辣な企業はほんの一部であり、多くの企業はデザイナーという技術を正当に評価し、それに見合う賃金を払ってくれるでしょうから、まずはどの企業がそうした優良企業なのかを見極めることが大切なのです。

「エーステクノロジー」や「Cygames」のような、実績のある企業であれば、信用もおけますし、仕事も豊富にあるので応募先としては最適だと言うことができるでしょう。
実績があるということは、それだけ請け負っている仕事の数も多いということですから、仕事を始めるには適した企業だと言うことができますし、こうした企業はサポート体制も充実しているので、安心して仕事をすることができるはずです。

応募に際して不安な点があるのであれば、しっかりと確かめることが大切ですし、それを解決してから応募することをお勧めします。

デザイン力は、多くの企業に必要とされている技術です。
だからこそ、仕事相手はしっかりと選ぶことが大切ですし、どこにでも需要はあるなどと油断せず、丁寧な仕事をすることが重要です。

なぜなら、「デザイナーになりたい」と考えている人は多いことから、企業は、丁寧な仕事をしてくれない人材はすぐに切り捨て、新しい人材の募集をすればいいと考えるからです。
企業が欲しいと考えているのは、「デザイナー」ではなく、「丁寧な仕事ができるデザイナー」なのだということを心に留めておいてください。

ページトップに移動します